スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正常と異常

浅黒く、飛び回る視界
静状な世界は容赦を知らない
罪という名詞付けの果てに
閉じ込められる叫びを




一人の限界を視て何も言えず
一歩、また一歩とそこへ

無駄だから 血に染まる
涙さえ 流せない
雑音と 現実と
私が死ねば よかったのにと

もう何も無い何も感じないよ
暖かくも冷たくもなりきれず
未来を奪って生きていくこの生をもう

終わらせていいですか

いいよね

手向ける花も持てない私を笑え
静脈の赤に染まり焦点を狂わせる
沈み着かぬ冷めない静まらない

本当に無くす前に誰か消して
お願いだから
スポンサーサイト

誰も居ない山で


歌が聴こえない

外を閉じた山にはもう何者も居なかった
銀景が続く

彼は一人、池の傍で佇む
歌の無い蟲の舞を眺めて

先を案ずる問いにも耳を貸さぬまま
一人で、ただ一人で。

開かぬ口の中には望みと絶望とが詰まっている
優しかったのだ
誰よりも

問い人は光へ落ちて 

再び命は解き放たれた

山に春が吹いた
プロフィール

栗城

Author:栗城
大体ツイッターに居ます。→@keishishi

最近は大学生活やら家事やらその他もろもろで忙しいけどやりたいことはキッチリやってます。マイクラ動画製作中。

気ままに書くよー。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。